廃車を買取する際の手続きと書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車などを廃車にする際の手続きは、正式には最寄りの陸運支局または軽自動車検査協会などの行政機関にて所有者の印鑑登録証明などを添えて手続きを行うことで成り立ちます。このとき税金については自動車税は月割りで還付があるのに対して軽自動車税はありません。いずれの場合でも翌年度の課税がなされなくなることは共通しています。
所有者の印鑑登録証明以外では自動車検査証やナンバープレートが必要ですが、自動車の状態によっては別の書類が必要になることもありますので事前に確認が必要です。こうした状態にあっても買取りによる対応を行うところもあります。買い取ったものを海外に輸出したりあるいは修理して使用することがあるためです。ただすべての業者が同じ対応をしているとは限りません。

廃車手続きは確実かつ迅速に行う

ただ単にスクラップにするだけではその自動車の名義が生きていますので、税金が課税されてきます。すでにスクラップになっているのに課税されるのは理不尽だと思ってもスクラップにすることは物理的な話だけですので、正式に名義を消す作業すなわち抹消登録を行うことが必要です。
抹消登録を行うことで得られる効果としてはまずは翌年度の税金が課税されないです。また普通自動車の場合の自動車税は月割で減額が発生し納税済みの場合は抹消登録の翌月から次の3月分までを減額してくれます。納付済みの場合は還付すなわち税金が戻ってきますし、まだ未納の場合は月割で減額された部分だけを納税すればことは足ります。ここでいう抹消による減額は暦月で考えますので、日割りなどは行われません。

買取時でも抹消登録を行うことはよくあります

自動車を買い取ってもらう際に抹消登録を行うことはよくあります。スクラップになっていない限りは再度登録が出来る状態ということで一時抹消とも呼ばれているものです。これに対してスクラップにしてしまうことなどで物理的にすでに乗れなくなったりあるいは物損等で使用できなくなった場合、すでに解体している場合もあります。このときにはその自動車が二度と使用されないということで永久抹消登録を行うこともあります。
業者側は都合によって一定の基準を設けており、そのルールの中で買い取っての対応とするかあるいは処分費用だけとするかが分かれます。業者ごとで違うためこの点はそれぞれ聞いてみないと分かりません。買い取ってもらえるかどうかは査定を受ければ分かりますので聞いてみるのも有効です。

ピックアップ記事

廃車を買取する際の手続きと書類

自動車などを廃車にする際の手続きは、正式には最寄りの陸運支局または軽自動車検査協会などの行政機関にて所有者の印鑑登録証明などを添えて手続きを行うことで成り立ちます。このとき税金については自動車税は月割...

廃車時における買取と自動車税の扱い

普通自動車を廃車にしたときにおける税金のうち自動車税がどうなるのかは気になるところです。そもそもこの税金のことについてですがまずは都道府県税すなわち地方税であることと、名義人である所有者に1年間分が税...

基準を学ぼう!廃車買取りをする場合

廃車買取りをする場合には、いったいどれぐらいの金額になるかなかなか基準がわかりにくいところもあります。そのため、売却したとしてもその後の計画が立てにくく新しい車を購入することができなくなる可能性があり...


コンテンツ

カテゴリー