相場を把握することが大切!廃車買取りの失敗を減らすためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車を少しでも高く売りたいと考えている人が利用するべき方法は、「専門の買取り業者を利用する」ということです。対応さえしていれば売却することは可能ですが、結果はそれぞれの業者で変わるのが基本です。たとえば、10万円という評価を出す業者があれば20万円という結果を出す業者がありますし、中には5万円の結果を出す業者も可能性としてはあり得ます。
この結果を受けて、最も高い20万円で売却すれば良いと考えることもできますが、「実は30万円で売れる車だった」となれば損をすることに変わりありません。この場合、例示している3件はどれを利用しても損をしてしまうわけですが、こういった状況に遭遇する可能性はけっして低いものではないということを覚えておきましょう。そして、この問題を解決するポイントの一つが「相場」です。

何はなくとも「情報収集」が重要

廃車の買取り相場を把握するためには、インターネットを使った方法が簡単かつ効率的です。パソコンやスマートフォンがあればすぐに調べることができるので、所有する車を売ろうかと考えたときすぐに情報収集を始めることができます。それこそ、通勤通学の電車の中や休憩時間を利用することはもちろん、トイレや就寝前に調べることも可能です。
平均的な取引価格を探そうとすると、まず出てくるのは「実績」です。業者ごとに発信しているものが異なるので必ず希望している情報があるとは限りませんが、専門的に価格に関するものを発信しているサービスがいくつかあるため、そこから一定の結果を得ることができます。できれば別の情報も把握しておいた方が良いのですが、最低でもこの情報があれば基準が分かります。

ネットで集めた情報は裏付けをとることを意識

たとえば、一つの廃車買取り業者の結果をみて売却価格を予測しようとした場合、その情報が良いものなのか悪いものなのかを基準にする必要があります。もちろん「妥当」という可能性もありますが、そういったことを判断する基準の一つが相場です。
あらかじめこれを把握していた場合は、それを見ただけで判断ができます。しかし、それが分からないからこそ基準となる情報を探している訳なので、少しでも基準になり得るものは次々に参考にしていくことが必要です。そうすると、明確な基準が公開されていなくとも具体的な金額を設定できるようになる可能性があります。
ただし、インターネットで調べられるものの中には根拠の乏しいものが少なからず含まれています。参考にする価値のない情報を排除できるよう、裏付けを意識して情報を評価することが大切です。

ピックアップ記事

廃車を買取する際の手続きと書類

自動車などを廃車にする際の手続きは、正式には最寄りの陸運支局または軽自動車検査協会などの行政機関にて所有者の印鑑登録証明などを添えて手続きを行うことで成り立ちます。このとき税金については自動車税は月割...

廃車時における買取と自動車税の扱い

普通自動車を廃車にしたときにおける税金のうち自動車税がどうなるのかは気になるところです。そもそもこの税金のことについてですがまずは都道府県税すなわち地方税であることと、名義人である所有者に1年間分が税...

基準を学ぼう!廃車買取りをする場合

廃車買取りをする場合には、いったいどれぐらいの金額になるかなかなか基準がわかりにくいところもあります。そのため、売却したとしてもその後の計画が立てにくく新しい車を購入することができなくなる可能性があり...


コンテンツ

カテゴリー